« 欽ちゃん前言撤回! | トップページ | 蓄財初心者5つの心得 »

久しぶりのカラオケボックス

普段は、スナックとか、パブなどでカラオケやってます。

知らないお客さんを、あるときは引き込み、あるときは完全無視で自分の世界に浸って歌ってます(^^;;;

多少の顔見知り数人と同じ部屋にまとまって入って歌ったりするカラオケボックスには、めったにいきません。

先日、このメンバーでは初めて行くな~、しかもカラオケボックスに、という状況になりました。いやー、難しかったです。選曲とかノリとか。

まぁ、カラオケに行く以前にビール中生4杯も飲んでしまい、すでに酔っ払いモードだったのも、ちょっといただけない状況だったかもしれませんが。

年代は、私(ぎりぎり30代)よりも年配の人が9割ほど、若い人が1割くらい。合計12人くらいだったかな?

カラオケの機械はDAMだったのですが、リモコンのデンモクが、下側にボタンがあるタイプ。これにはこまった。

参加者のお互いが酔っ払いだったため、人に渡すとき、手に持つとき、下のボタンに意識がいかない。よって、キーが、テンポがいつのまにか変わって歌いずらい。挙句、途中で曲が止まったり。悪気がないのでどうにもならず。

歌う曲は、年代を問わずにサザン、若者は修二と彰、オレンジレンジ、SMAPなど。年配は演歌系でしたねやっぱり。

私は、松山千春だったかな?

後半、盛り上がったあたりで、最若手(唯一20代)が一人合流。この人、独自の世界に突っ走ってたなぁ。さらに酔っ払ってたのだろうか?

みんな基本的に歌うの好きで、私は流れてくる曲に合わせてリズムに乗ってるだけで楽しかったですけど。

先にいっしょに「青春アミーゴ」をデュエットした女性から、「もう1回歌って」と言われてマイクを取ったのはいいけれど、相手はなぜか最若手の彼。その後、なぜか合計3曲も彼といっしょに歌うことになる。

別に彼だから、ではなく、「本当はデュエットは大嫌いなんです~」なんて、その場で断る勇気もなく。

やっぱり、どちらかというと自分の世界にこもりたい、とくにカラオケでは、という思いが強すぎるのかもしれないですね。

もっとも13人もいると、1人で1曲ずつ歌ってると次に歌えるのが約50分後ってことになり、2人づつで歌えばもっと早く回ってくるというメリットもあり・・・。多人数でカラオケやる場合は、これがベターなのかもしれません。どうせなら女性と歌えるほうがいいなぁ、とか、より気が合う人と歌えればとも思いますけど。

なんてことをぐだぐだ考えているうちに、夜11時すぎにお開きとなりました。個人的には満足度ちょっと低めでした。

歌った曲
松山千春 大空と大地の中で
修二と彰 青春アミーゴ
SMAP 夜空ノムコウ

« 欽ちゃん前言撤回! | トップページ | 蓄財初心者5つの心得 »

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。