« 原油価格下落でデフレ継続なら実質所得プラスになる? | トップページ | アベノミクス実感なしを鵜呑みにするかが衆議院選挙のカギになりそう »

国家財政破綻が起きるとして、何に備えればいいのか?

とあるご縁によりいただいた本を読みました。

「世界はすでに破綻しているのか?」 高城剛著

高城剛さんは、近年、沢尻エリカさんとの結婚離婚が話題になっていましたが、大昔よりハイパーメディアクリエイターなどの肩書きで活躍されている方でもあります。

高城さんがビジネスで世界中を飛び回る中で、アジア通貨危機、ロシア危機、リーマンショック、ギリシャ危機、欧州危機などを直接現地で見たり聞いたりしたことをまとめた1冊になってます。

国家が財政破綻を起こす、その前後に実際には何が起こるのか? 本によると、おおむね、次のような状況のようです。

破綻前
・バブル好景気に沸く。不動産価格、株価が高騰
・バブルがはじけて、不動産価格や株価が下落。不景気になる
・景気対策のために、政府が赤字国債を発行、もしくは通貨を大量発行する
・格付け機関が国債の格付けを下げ始める

破綻直前
・ヘッジファンドが仕掛けて、債券安、通貨安などが起こる
・インフレに歯止めがなくなり、恒常的な実質賃金減少となり、不景気が常態化する
・格付け機関が国債をジャンク級に格下げする
・債券安(金利高騰)のため、政府の資金調達が行き詰る

破綻後
・国債の処分、通貨のデノミなどが行われ、それを保有していた金融機関や投資家の財産が減る
・銀行などからの現金引き出しが制限されたうえでインフレが続き、物を買うのにも困る
・公務員への賃金カットが行われ、行政サービスが滞る
・にもかかわらず、税金などが上がり、生活がさらに苦しくなる

以上のように、あたかも時系列があるかのように書きいてみましたが、実際には財政破綻は突然宣言され、国民の多くにとっては青天の霹靂、という状態になるようです。

以上の様子が、高城氏自身の経験、取材により、各国の状況が淡々と描写されています。

そして、破綻を迎えた国の人々は、どうやってそれを乗り越えているのか、ヒントが満載です。

・外国語(主に英語)を覚えて、いつでも海外で暮らせる、稼げるように備える
・なるべく自国銀行のみに頼らず、現金を蓄えたり海外銀行に資金を移動したりする
・お金の使い方を見直し、質素に暮らすようにする
・できれば自給自足できるよう、農業を覚える

正直、あまり神経質になることはないと思います。日本は90年代以降、株価と不動産の暴落こそ経験しましたが、幸運にも財政破綻にはまだ至っていません。最近やっと日銀主導で量的緩和が始まったばかりで、インフレになるかどうかまだわからない程度です。為替の急変動が少々気になりますが、金利はまだ低いままです。

徐々に増税し、社会保障を縮小し、ほどよいインフレに持っていって借金を目減りさせることができるなら、社会が大混乱に陥るような財政破綻は起こらないでしょう。

そうは思っても、財政破綻は、起こるときには突然起こります。「絶対に起こらない」とは断言できません。それまでに自分たちで出来る限りの備えをしておくのは重要でしょうね。

本書は財政破綻前後で何が起こるのか、そして一般の人は何を備えればいいのか、を考えるきっかけとなるいい本だと思いました。

« 原油価格下落でデフレ継続なら実質所得プラスになる? | トップページ | アベノミクス実感なしを鵜呑みにするかが衆議院選挙のカギになりそう »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

FPよもやま話:そのほかいろいろ」カテゴリの記事

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。