« 他チームに大谷選手のような二刀流が必要か、活用できるか? | トップページ | 新しいNISAが始まるので資産運用の知識をアップデートせねば »

新型コロナ感染症に関する「現段階」での所感

2019年末に発見され、その後世界をパンデミックの恐怖に陥れた「新型コロナ」感染症。

2020~2022年までは、徹底的に感染対策を行う、なるべく感染者を出さず、感染したとしても死者を出さないようあらゆる対策を打つ、ワクチンや新薬を開発してはいち早く承認を済ませて使ってみる、みたいなことが行われていたわけですけど。

2023年5月に5類相当の感染症に分類し直されて以降、あらゆるイベントが復活し、徐々に街中でのマスク姿の人も減り始め、パンデミック以前の生活に戻りつつあるのではないか、と考えています。

現段階で、新型コロナ感染症に関してはどのように考えればいいのでしょうか? 特に専門家というわけでもなく、感染対策やワクチン接種に協力してきた一般人として、思うところを書いてみます。

新型コロナ感染症に関する情報は、探そうと思えばNHKなどが定期的に発信しています。

NHK:新型コロナウイルスと感染症・医療情報
朝日新聞:トピック:新型コロナウイルス最新情報

そのほか、ヤフーニュースやグーグルニュースなどで、「新型コロナ」などで検索すれば出てきますね。

ヤフーニュース:検索「新型コロナウイルス」
グーグルニュース:検索「新型コロナ」

ここ数週間は、定点観測によりますと全国的に新型コロナ感染者が増加しているとのことでした。特に注目されたのが沖縄の感染拡大でした。ですが、先週の段階で沖縄の感染者は減少に転じているようです。定点観測の情報は毎週金曜日に更新されるようなので、明日、どのような報道がなされるのか気になるところです。

上記のような情報は、現段階では自分で気になったときに見に行かないと、もうぼーっとしてたら耳に入ってこない、目にしない状況になったのかな、とも感じます。

ただ、感染症というのは、結局のところ完全になくなったわけではないので、個別に感染対策が必要なのででしょう。どこまで必要なんでしょうか?

私自身は、以下のような感じで日常生活をしています。なお、ワクチン接種は4回目まで済ませてます。

・マスクは、よほど混雑な場所以外ではしません
 先日、久しぶりに通勤ラッシュの時間帯に電車に乗る経験をしたのですが、そのさい、数人隣のマスクをした人の咳が続き、その目の前のマスクをしてない人が突然咳をし始めるという現場を見ました。因果がつながるのか不明ですが、それを見た時に、さすがに満員電車ではマスクは必要だなと思い、手持ちのマスクを付けました。

・手洗いはマメにします
 食事前、トイレ後、外出後など、気が付いた時には少なくとも水洗い、そして1日1回以上は石鹸を使って洗ってます。そして、コンビニやスーパーなどに手指消毒ポンプなどがある場合は、積極的に活用しています。

・好き好んで三密には行きません
 とはいえ、満員電車のようにまさにすし詰め状態の場所というのはそれほど多くないので、あまり気にしませんが、閉鎖空間で多数の観客を入れるようなイベントは、とんとご無沙汰しています。映画館は問題ないと思ってますし、行列に並ぶのは許容できますが、周りにどれくらい空間が取れるかどうかに関しては気にしてます。主催者がマスクを推奨するようなイベントがたまにありますが、そういうのには参加しないようにしています。

・ワクチン5回目を打つかどうかは検討中
 医学的にはまだ若者扱いの年齢50代なので、ワクチンを積極的に打つことは、もう必要ないかなと思っています。が、無料接種を続ける限り、副反応がそれほど強いわけでもない幸運に恵まれているので、打ってもいいかもしれない、とも思ってます。

新型コロナなど感染症対策に関しては以上です。こんなもんでいいかなという感じです。

万が一、感染してしまい、重い後遺症が残ったらどうしようか、と考えることもありますが、いざそのときになってから考えることにします。おそらくは老いの一環として受け入れることになるのでしょう。

ただ、実は、新型コロナ感染症よりも、私たちが現段階で本当に心配しないといけないのは、気温が高すぎることによる熱中症対策かもしれません。

« 他チームに大谷選手のような二刀流が必要か、活用できるか? | トップページ | 新しいNISAが始まるので資産運用の知識をアップデートせねば »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。