« 資格試験と「沼」と本来の目的の意思疎通について | トップページ | いわゆるサポート詐欺の画面になるのはどんなときか »

同じメダル2個でも、下げ潮の水泳陣、上げ潮の陸上陣

7月末には日本・福岡で世界水泳が、そして先日までハンガリー・ブダベストで世界陸上が行われていました。

その結果はともに、メダル獲得、3位内入賞が2つという結果でしたが、競泳陣は過去30年で最低レベルの成績でネガティブ、陸上陣は大健闘で勢いがありポジティブ、と明確に違っていたようです。

時系列で水泳から。

サンケイスポーツ:【世界水泳】日本は銅メダル2個の厳しい結果に 平井伯昌パリ五輪プロジェクトリーダー「20年前ぐらいに戻っている」/競泳

スポニチアネックス:競泳ニッポン分裂危機 水連「職務放棄」批判に平井コーチ反論「提案受け入れられず」

あくまで外から見る限り、1990年代末以降、水泳日本は、事実上平井コーチがチームを作って引っ張ってきたようなもんだと思うのですよね。その平井コーチがどうも連盟内で確固とした地位を得られていないってのが、うまく行ってない原因のようにも思えます。

東京五輪以降に強化のための予算が減っていたり、新型コロナ禍で合宿などがままならなかったなどの話もありますが、そもそもが病気だった池江璃花子選手や、一度は代表落ちした鈴木聡美選手が比較的楽に代表に戻ってこられる様子を見ると、選手層の薄さも感じてしまいます。

一方、陸上は、歴史的偉業などがありました。

スポーツ報知:【世界陸上】北口榛花、大逆転金メダル!ラストで66m73の超絶スロー!マラソン以外で陸上日本女子初の大快挙

日刊スポーツ:【世界陸上】日本の全競技終了、メダル2&入賞11 日本陸連「一段階上がるチーム構成に」

日本女子が、マラソン以外の種目で金メダルを取ったのは初めてです。いや、まさかの快挙ですよ。

そして日本男子トラック、特に短距離陣、サニブラウン選手が決勝進出の常連となりつつあることで、他の選手にも刺激になってるのではないかなと感じてます。

日本のスポーツ界、陸上と水泳は、しばらくの間水泳のほうが期待値が高い状態が続いていたように感じてました。しかし、東京五輪が終わって以降、その立場が逆転したのかもしれません。

もっとも、メダルの個数では両競技同じなのですが。

来年にはパリ五輪があり、そして、陸上は実は、2025年に東京で世界陸上が行われます。陸上陣はさらなる底上げを、水泳陣はチームの立て直しに期待したいところです。

« 資格試験と「沼」と本来の目的の意思疎通について | トップページ | いわゆるサポート詐欺の画面になるのはどんなときか »

スポーツ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。