« 同世代同年代の訃報にはこみあげてくるものがある | トップページ | 松井証券、開始目前の投信残高最大1%ポイント還元はやっぱり面倒 »

なぜディズニーリゾートに何回も行きたくなるのか

それは、行くたびに新しい発見があるから、1日では回り切れないから、見たいショーの抽選が当たらないから。以上につきます。

ディズニーリゾートへ定期的に行く、といってもせいぜい年に最大2回程度ですが、時間の都合さえつけばシーズンごとに通ってもいいかも、って思えるくらい、ディズニーリゾートにハマり気味です。

かねてから話題になっていたディズニーシーの新エリア「ファンタジースプリングス」のグランドオープンが2024年6月6日と発表されましたし、適度に各エリアもリニューアルされてますし、まだ楽しんでないアトラクションも、久しぶりのアトラクションも、何度でも見たいアトラクションもあるので、今後、何回行っても新鮮な気分を味わえるのではないかと思っています。

冷静に振り返ると、2020年以降のコロナ禍で、沖縄旅行に行くことがかなわなかったことが、ディズニーリゾートを重視するようになったことのきっかけだったように思います。

パスポート不要の手軽な海外旅行だと考えるようにすれば、入場料、買い物、宿泊などもありかな、くらいの出費をしています。

ただ、コロナ禍も落ち着き、普通に国内旅行、特に沖縄へは、久しぶりに行ってみたい気がします。

また、ディズニーリゾートがこれほど楽しいので、他の地方の、例えばユニバーサルスタジオにも行ってみたい気もしています。

まだ見たことないものを自分の眼で見に行く、というが、旅の醍醐味でしょう。

それでも、ディズニーリゾートにはまた行きたい、と思うのは、ディズニーのパブリックイメージの楽しさってのもありますが、とにかくまだまだ極められてない、見逃しているものがあるかもしれないから、というのが強いと思います。

あと、逆説的ですが、近いので手軽に行ける、というのもあるのですが。

比較的近所にある、海外を感じられるリゾートに、今後も何度も行きたいと思ってます。


〔参考記事〕
東京ディズニーシー:ファンタジースプリングス

読売新聞:東京ディズニーシー新エリア「ファンタジースプリングス」は6月6日開業…「アナと雪の女王」などの世界を再現

ENCOUNT:東京ディズニーシー新エリア「ファンタジースプリングス」来年6月6日オープン 着工から約5年

ねとらぼ:東京ディズニーシーの新エリア「ファンタジースプリングス」、2024年6月6日開業決定!

※宣伝!
ディズニー関連の雑誌などをアマゾンで検索!

« 同世代同年代の訃報にはこみあげてくるものがある | トップページ | 松井証券、開始目前の投信残高最大1%ポイント還元はやっぱり面倒 »

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。