« 新NISAスタートまであと約1か月でどうする? | トップページ | 2023年レコード大賞候補曲発表されたので改めて予想します »

久しぶりに「旅らしい旅」をしてみたい

コロナ禍という災難があったせいもありますが、ここ数年、旅らしい旅はしていません。

「旅らしい旅」の定義は、

・列車や飛行機などを使って地元県外へ移動して1泊以上の宿泊を伴ったもの

とします。

正直言いまして、ちょっと遠出して日帰りでおいしいものを食べてくる、見たことないものを見に行ってくるというのも旅の一種だとは思いますが、今回は日帰りで済むお出かけは無視します。

また、ディズニーリゾートでの宿泊は、今回テーマにする「旅らしい旅」の代替になりえますが、地元県内なので外します。似たようなもので将来したいと思っている、都内のラグジャリーなホテルに宿泊して都内をめぐる、ってのも「旅らしい旅」かもしれませんが、そもそも23区内なら本来宿泊不要の距離なので外すべきでしょう。

実はコロナ禍の前は通信学生でどちらかというと卒業することに重点を置いていたため、それを踏まえても旅らしい旅をなかなかしなかったという事情もありました。

記憶の限り、そしてグーグルカレンダーへのメモや当ブログの記述などを振り返ったうえで、直近で旅らしい旅をしたのは、次の通りです。

まずは海外旅行です。

海外観光旅行:2009年5月 アメリカ、グアム
海外出張旅行:2009年10月 アメリカ、アナハイム

2009年春は人生で初めてしかもひとりで海外観光旅行に行ったうえ、まさかの同じ年の秋に今度は海外研修旅行に行くという、特異な1年でした。

これ以降は国内旅行しかしてませんが、さすがに年1~2回程度は行ってるので直近のもののみ上げますと、

国内観光旅行:2017年1月 沖縄
国内出張旅行:2019年6月 金沢(FPフェア)

以上のようになります。

なるほど。2019年7月以降は、地元県外の外に出た1泊以上の旅行をしていない、ってことになります。
(なお、このほかにも法事での泊りがけ移動が2020年2月にありました。旅行とは言えないので省きます)

いや~、改めて振り返ると、ディズニーリゾートへの宿泊で満足してしまって旅行してた気分ですが、旅らしい旅へは本当に行ってませんでした。

ディズニーリゾートへの泊りがけはまったく飽きておらず、今後も定期的に行きたいのですが、本来は泊まらなくてもいける距離の地元県内在住なので、宿泊代をチケット代にすれば、もっと入園回数が増やせるかも、みたいな気もしています。

話を旅らしい旅に戻します。

なんと、海外旅行へはかれこれ14年も行ってませんでした。これは出不精すぎます。国内旅行はディズニーを省くと4年もご無沙汰です。

コロナ禍もほぼ落ち着いて、マスク? インフルエンザ予防ですよね? 以前とおなじじゃん、みたいな状況になってきておりますので、いよいよあまり気兼ねせず旅行してもいいのかな、と思っています。

私自身は50代後半の年齢に入っており、健康寿命はおおむねあと25年程度でしょう。今後、ディズニーリゾートも定期的には行きますが、それ以外にも旅らしい旅を、できるかぎりしたいなと思ってます。

具体的には、海外旅行には久しぶりに行きたいです。そして、豪華船でのクルーズ旅行も経験してみたいです。USJにも行ってみたいですし、その他有名な観光地にも行ってみたいです。そしてなんといっても沖縄は当然行きたいです。

基本的に山よりも海が好きなので、マリンリゾート優先です。そういえばクルーズも海の上ですね。

4~5年前のそれ以前と比較して、一人旅をするさいに家を留守にすることに少々の心配事があるので、そこをクリアにするのが課題かな、とは思ってます。

« 新NISAスタートまであと約1か月でどうする? | トップページ | 2023年レコード大賞候補曲発表されたので改めて予想します »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。