« 大谷選手、本業は年収200万ドルも副業から年間5000万ドルか? | トップページ | ネット環境激動の2023年でした »

2023年を代表するヒット曲は何かを考察してみました

年末も押し迫ってまいりました。今年はどうだった、という振り返り企画もちらほら見かけますが、音楽の流行、ヒット曲に関しては、なんとなく決めにくい、という状況になっているように感じます。

サブスクリプションによるストリーミングで音楽を聴くことが一般的になってきており、旧譜も新譜も同列で、運よく話題になった曲がヒット曲としてピックアップされる時代になりつつあります。リリース苦節ウン年目でブレイクしたケースとか、10数年ぶりにリバイバルしたケースならば、その年を彩ったと言えるかもしれません。しかし、一度名前が知られたヒット曲が長く聞かれる状況で、昨年度以前に発表された曲が引き続きヒットランク上位に居座り続けて2~4年目になることもあり、年度代表ヒット曲を見極めることを困難にしています。

一部にはCDの発売週の売り上げに情熱を燃やすプロダクションも残ってますし、コロナ禍も落ち着いたところでイベント参加券同封のCDの発売も引き続き行われている状況もあり、CDの売り上げはたしかにブームを作り出してはいるものの、それに収録された曲が必ずしも年度を代表するヒット曲なのかは、議論の余地がある状況も続いています。

以上のような状況ではありますが、オリコンもビルボードも、ともに年間ランキングを発表しましたので、それを踏まえたうえで、2023年を代表するヒット曲はなんであったか、を考察してみることにしました。

ビルボード2023年度年間ランキング特集

オリコン2023年度年間ランキング特集

以上2つの主要ランキングをソースにして、次のように考えてみました。

・ビルボードの2023年度HOT100をベース資料、オリコンのシングル(CD)年間ランキング25位までをサブ資料とし、ビルボードおよびオリコンのその他のランキングを参考程度に確認しました。
・同一アーティストからは1曲のみ選択するようにします。
・2023年度(2022年11月下旬~2023年11月下旬)に初めてリリースされた楽曲を最優先とします。
・前年度以前にヒット曲として認知されている曲、つまりオリコンやビルボードの年間ランキングなどで上位であった曲は極力省きます。
・リリース2年目以上の楽曲に関しては、前年度よりも明らかに話題性が高かった場合は、改めて考慮して配慮します。
・リバイバル曲の場合は5年程度以上のブランクがあるものに関しては年度を代表しうるか検討し配慮します。

このように考えて、あとは独断と偏見により、2023年を代表するヒット曲を選んでみました。

その結果が、先ほどの再生リストです。全部で26曲の再生リストとなりました。

6曲ほど、ビルボードには入ってないがCDは売れてる曲を混ぜましたが、まぁ、違和感ありますね。

ここから1曲に絞るとしたら、やっぱりどう考えても今年は「アイドル」なのではないかな、と思います。

10曲に絞る場合には、いろいろ議論の余地はありそうです。

こんな感じでいかがでしょうか? ご参考になれば幸いです。

« 大谷選手、本業は年収200万ドルも副業から年間5000万ドルか? | トップページ | ネット環境激動の2023年でした »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。