« 全自動DIGAの「おまかせ録画」の不都合な真実 | トップページ | 大谷選手、本業は年収200万ドルも副業から年間5000万ドルか? »

自民党のパーティー券裏金疑惑の件

自民党のパーティー券裏金疑惑の件が、倒閣まで発展しかねないくらい盛り上がりを見せてきました。

2023年10月までは、しんぶん赤旗以外のマスコミはほとんどスルーしていたようですが、共同通信が11月に報じて以降、徐々に取り上げるマスコミが増えた印象です。

47ニュース:共同通信:自民党5派閥の過少記載を告発 パーティー収入、総額4千万円(2023/11/2)

以下、続きます。

日刊ゲンダイ:自民党に「裏金」疑惑…5派閥でパーティー収入4000万円の過少記載、党内で手口蔓延か?(2023/11/6)

日刊ゲンダイでは、特捜部が動き始めてる旨が報じられています。

NHK:自民5派閥の団体 約4000万収入不記載で告発 特捜部が任意聴取(2023/11/18)

NHKでも報道が始まります。

朝日新聞:自民5派閥、パー券収入を相次ぎ訂正 「不記載約4千万円」と告発も(2023/11/21)

日本経済新聞:自民党5派閥で不記載疑い 22年分パーティー収入(2023/11/24)

東スポWEB:若狭勝氏 特捜部が動いた自民5派閥〝不記載問題〟で「荒稼ぎした議員」を示唆(2023/11/28)

それでもまぁ、11月の段階では、なんだかんだケアレスミスでした。修正します。以上。で終わるのでは、という雰囲気も残っていたように思います。

空気が変わったのは、パーティー券のノルマ達成の議員にご褒美があったのではないか、という報道以降でしょう。

NHK:自民派閥“パーティー券ノルマ超分を議員側に”リスト作成(2023/11/29)

朝日新聞:安倍派、1億円超の裏金か パー券ノルマ超えを還流 地検が立件視野(2023/12/1)

ここから名前が挙がってくる議員の、まぁ豪華なこと。現在政権や党の要職についている方々がぞろぞろ出てきます。

読売新聞:松野官房長官、1000万円キックバック疑惑にコメント「差し控える」(2023/12/8)

産経新聞:首相、高木・世耕両氏へのキックバック疑い 「答える材料ない」(2023/12/8)

NHK:自民安倍派 派閥幹部6人含む大半の所属議員側にキックバックか(2023/12/9)

いわゆる安倍派(清和会)の方々が集中的に名前が挙がってますけど、2018~2022年のパーティー券キックバックが問題になるということは、そのころに派閥の長をしていた細田氏、そして安倍氏は当然、事情を知っていたのでしょうね。

もしかしたら、脈々と長年似たようなことをしてきていたのかもしれません。そうなると、町村氏、森氏も事情をご存じのはずです。

Wikipedia:清和政策研究会
清和政策研究会ホームページ

残念ながら、町村氏、安倍氏、細田氏はすでに亡くなっており、死人に口なし状態です。

森氏は、一部報道によると2023年9月に背骨の圧迫骨折で入院、11月の講演会には車いすで登壇されたとのことで、健康状態は心配されるものの話すことはできるようなので、今回のこの件に関してもだれか突撃してほしいと思います。

さて、モリカケサクラといろいろ賑わせてきたものの、結局のところうやむやになっていた安倍氏の件ですが、もっとドストレートに今回のような政治資金パーティーのパーティー券キックバックの話が発覚していたら、もっと違ったシナリオになっていたのかな、と感じました。

そもそも、一般人には1円単位で収支を帳簿にすべしとしておきながら、政治資金って無記名でもよい範囲が広すぎる、ってあたりが問題なのでは、と思います。

週明け以降、名前の挙がる各議員がどうなっているか、注目ですね。

« 全自動DIGAの「おまかせ録画」の不都合な真実 | トップページ | 大谷選手、本業は年収200万ドルも副業から年間5000万ドルか? »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。