« 正月から事件、事故がとても目立ってます | トップページ | 大江英樹さん死去 »

山崎元さん死去

FP資格保有者としてのブログならば、この件は外せないと思いました。

トウシル(楽天証券):訃報:経済評論家・山崎元さんが死去――資産づくりに正義を乗せて

経済評論家の山崎元氏が元旦に亡くなられたそうです。65歳でした。

謹んでお悔やみ申し上げます。

山崎元さんは、業界では知る人ぞ知る、資産運用のホンネをズバリ、ストレートにものを言う経済評論家でした。また、テレビなどにもたまに出演されてますし、著書も多数でしたので、資産運用に興味があるなら「ヤマゲン節」に魅せられている人も多数かと思います。

昨年以来、病気についてコラムなどで公表してました。時系列をまとめると2022年8月に食道がんと診断され、禁酒や治療をスタートしましたが、2023年春に転移(ステージ4)が確認されていたとのことでした。

私自身も、金融商品仲介業を営んでいた時期には、山崎氏が講師を務める研修やセミナーに参加しましたし、10年以上前に1度だけですが、セミナー後の懇親会で言葉を交わさせていただいたこともありました。

人生100年時代、日本人男性の平均寿命81歳と言われているなか、まだまだ活躍していただけるものと思っていましたが、直近にメディアなどで掲載された近影などが痩せられていてかなり心配していた矢先の訃報でした。

人はいずれ、遅かれ早かれ亡くなるものですが、そのタイミングは本当にわからないな、と、あらゆる訃報のたびに考えさせられます。

もっともっと、ホンネの資産運用、ローコストの長期運用を広める活動をしていただきたかったです。

〔参考記事〕
日本経済新聞電子版:山崎元さんが死去 経済評論家

朝日新聞デジタル:経済評論家・山崎元さん死去、65歳 雑誌やテレビで資産運用を解説

ダイヤモンド・オンライン :【追悼・山崎元さん】金融の「不都合な真実」に切り込み続けた経済評論家が遺したもの

ダイヤモンド・オンライン:山崎元のマルチスコープ

トウシル(楽天証券):山崎元:ホンネの投資教室

アエラdot.:【追悼】経済評論家・山崎元さん「1年くらい時間があれば本を書ける。会いたい人にも会える」全文掲載

山崎元氏の著書など(アマゾンで著者名を検索)

« 正月から事件、事故がとても目立ってます | トップページ | 大江英樹さん死去 »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

FPよもやま話:金融資産運用」カテゴリの記事

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。