« 2024年5月 | トップページ

2024年6月の3件の投稿

テーマパークでの行列、混雑を回避することに関する雑談

最近ちらちらとディズニーリゾートのネガティブ記事が目に付くんですけど。 具体的には、チケット代が高くなった。園内のシステムが複雑化して久しぶりに来た人にやさしくない、など。 基本的には、2020年以降の悪夢のコロナ禍対策、混雑回避の積み上げなんだと私は思ってます。入園人数制限が極端だったころから続く、混雑や行列をなるべく減らすための方策。 入園者数を限ってたときでも来てくれるユーザーが何に満足していたかを徹底調査し、その結果運営がたどり着いたのは、入園者の満足度を高める制度にしよう、ってことなんだと思います。 結果として、たまに来る人よりまめに来る人のほうが有利な制度になりますね。

— まっちゃん (@mfpoffice.org) Jun 23, 2024 at 15:26

このポストに関して、改めて思うことをブログに残しておこうと思います。具体的には、TDRやUSJなどの大人気テーマパークは混雑緩和行列縮小をどうするべきか、そして入園客はどう対応すべきか、についてです。なお、主にTDSのFSの話がメインになります。

続きを読む "テーマパークでの行列、混雑を回避することに関する雑談" »

テーマパークの西の雄、ユニバーサルスタジオジャパンに初めて行って気になったこと

かれこれ過去10年、ディズニーリゾートには定期的に通っていた私ですが、日本全国を見渡せば見ておきたいそのほかのテーマパークはたくさんあります。

このたび、アメックスカードの貸し切りイベントに当選したのをきっかけに、初めてユニバーサルスタジオジャパン(USJ)に行ってきました。

初めてのUSJ、面白かったです。特に、Youtubeなどでお勧めされていたモンスターライブロックンロールショーやウォーターワールドは、期待通りの面白さでした。

そして、アメックスの貸し切りイベントタイムに突入した後は、ハリーポッターエリアのアメックス貸し切りレストランで食事を取ったり、ニンテンドーワールドへ入場してアトラクションを楽しんだりもできました。

全体的には満足ですし、いずれは改めて行きたい、そんなふうに思えたUSJ初訪問でした。

ただ、初回訪問としては大満足のUSJでも、2回目以降の訪問をするにあたっては、ちょっと不満に思えそうな部分が見えてきたので、あくまで個人の事情で気になったことを、ブログに残しておこうと思います。

続きを読む "テーマパークの西の雄、ユニバーサルスタジオジャパンに初めて行って気になったこと" »

株主優待銘柄選択方法

株式投資は基本的に利益を得るためにやるものですが、その利益の種類には大きく2種類、キャピタルゲインとインカムゲインがあります。

キャピタルゲインは、買値と売値の差額が利益となるものです。損失になることもあるので注意が必要です。

一方、インカムゲインでは、主に配当金を受け取ることを目指して株式を保有します。保有する限り、そして企業が配当金を出す限り、配当が受け取れるので長期投資向けのスタンスだと思っています。

株主優待を受け取ることも、インカムゲインの一種と考えていいと思います。優待名人桐谷さんのような有名人が出るくらい、話題になる投資手法ですが、とはいえなんでもかんでももらえればいい、というものではないというのが私の意見です。

私も、株主優待銘柄をいくつか保有してますが、それらをどうやって選んでいるのか、こちらでまとめておこうと思います。

続きを読む "株主優待銘柄選択方法" »

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。