« テーマパークの西の雄、ユニバーサルスタジオジャパンに初めて行って気になったこと | トップページ

テーマパークでの行列、混雑を回避することに関する雑談

最近ちらちらとディズニーリゾートのネガティブ記事が目に付くんですけど。 具体的には、チケット代が高くなった。園内のシステムが複雑化して久しぶりに来た人にやさしくない、など。 基本的には、2020年以降の悪夢のコロナ禍対策、混雑回避の積み上げなんだと私は思ってます。入園人数制限が極端だったころから続く、混雑や行列をなるべく減らすための方策。 入園者数を限ってたときでも来てくれるユーザーが何に満足していたかを徹底調査し、その結果運営がたどり着いたのは、入園者の満足度を高める制度にしよう、ってことなんだと思います。 結果として、たまに来る人よりまめに来る人のほうが有利な制度になりますね。

— まっちゃん (@mfpoffice.org) Jun 23, 2024 at 15:26

このポストに関して、改めて思うことをブログに残しておこうと思います。具体的には、TDRやUSJなどの大人気テーマパークは混雑緩和行列縮小をどうするべきか、そして入園客はどう対応すべきか、についてです。なお、主にTDSのFSの話がメインになります。

まず、大前提として忘れてはいけないのは、私たちは、2020年から2022年まで、新型コロナウイルスによる(当時は)死ぬかもしれない感染症に悩まされており、そのときは三密を回避するためにあらゆる対策を求められていた、ってことです。

人を集めてなんぼ、のテーマパークにおいて、密閉、密集、密接を回避せねばならないという状況は、営業を続けていく上では死活問題でした。現在のあらゆる制度仕組みは、三密回避したうえで営業も続けなければならないこととのバランスを考えたうえでの方策のはずです。

まず、来場者を物理的に減らすには、入場チケットの販売を減らすしかありません。そして、入場者数を減らす以上、チケット代金を高くしなければ営業は成り立ちません。

よって、現在は全体的にチケットが値上げされたうえで、集客が見込める日のチケットは高額に、平日など集客が比較的少なそうな日のチケットは割安に、という制度が取り入れられてます。

園内の混雑回避はどうでしょう。どうしても人気アトラクションは行列ができます。そして、その行列がどれくらい続くのか、どれくらい密集するのかその密集にどれほど長くいなければならいのかがわからないと不安になります。そこで現在の公式アプリでは通常、アトラクションごとの待ち時間がわかるようになってます。

そして、人気アトラクションに長く並びたくない、なるべく待ち時間少なく楽しみたい、という需要のために、時間指定整理券のような仕組みのチケットが活用されています。TDRなら有料のDPAや無料のPPです。これらは基本は窓口などに対面で行列となって取得するなどの仕組みは取らず、スマホアプリ上で取得する仕組みになってます。

追加チケットが面倒なら、スマホアプリとにらめっこして、待ち時間が長いアトラクションを自分で回避して、短い待ち時間で楽しめるアトラクションを自分で選ぶこともできます。

そして、レストランの利用も、セルフサービス(TDRではカウンターサービスと呼んでます)の場合、行列に並んでレジに注文する必要がありますが、一部の店では並ばずに済むようにモバイルオーダーという仕組みも導入されています。

さて、TDR、特にTDSのFSがグランドオープンしてから3週間が過ぎました。その人気は今のところ衰えを知りません。

この、FSへの入場者数のコントロール方法として採用されたのが、有料DPAと無料SPでした。SPとPPの違いは、SPを採用したアトラクションではSPを持っていないと利用できない、PPを採用したアトラクションではPPを持っていなくても長い行列に並べば利用できる、という違いがあります。

現段階では、FSへの入場は、FS内のアトラクションのDPAかSPを持っている必要があります(以下、高額チケットの1DayPass:FSMの話は省きます)。FSの入口で実際にDPAかSPの保有を確認されるそうです。そして、DPAとSPは、基本的にTDS入場後に、早いもの勝ちで入手する必要があります。よって本来はFSへの入場者数は、TDS全体の入場者数よりかなり制限されており、それほどの混雑にはならないはずの仕組みになってます。

なお、FS内で飲食を楽しむ場合、自動販売機やポップコーンワゴン、ほか1店舗を除いた他のレストランはモバイルオーダー必須になっています。モバイルオーダーを利用できるのはFS内のDPAやSPを持っており、しかもそれら入場券により指定された時間内に限られています。

以上のように、あらゆる制度仕組みは、FS内の賑わいをコントロールするための仕組みです。営業上の儲けを得るために、繁盛と混雑のバランスを取って、入場者の満足度をなるべく高くするために調整されていると考えられます。

誤算があったとするならば、再入場しにくい仕組みにしたがために一部、長時間滞在を目指す入場者が策を弄することになった点かと思います。

まず、FSは入場時間は制限されますが、退場時間は決められていません。よって、アトラクションを楽しんだりレストランでご飯を食べる必要がない人たちでも、気がすむまでFS内にとどまることが可能でした。園内は太陽の位置により(昼、夕方、夜と)その風景が変化し、それを見るだけでも飽きません。また、フリーグリーティングと言って、キャラクターたちがFS内、特にホテル近辺に出没して入場者と交流するイベントも行われています。これらがゲリラ的に行われることにより、それを期待する入場者がいつまでもFS内に留まることが起こっているようです。

さらには、通称「キャンセル拾い」というアプリ操作により、SPを追加取得することが可能であり、その分FSに長く滞在できることも広まりました。しかし、キャンセル拾いは実質的にサイトへのF5連打、DoS攻撃であり、サイトへの負荷が高まってしまうことから、一部ではするべきでないという議論も起きています。

なぜキャンセル拾いができるのかといえば、SPを取得し、割り当てられた入場時間が他のイベントなどと重なってしまって本当に権利がキャンセルされている説と、運営側が入場者数をコントロールするために、早いもの勝ちのはずのSPを時間ごとに小出しにしている説、などがあります。

いずれにせよ、一部のFSにしか興味のない入園者が、FSに固執しすぎて行うしぐさが、もっとライトな感覚の入園者のFSへのアクセスを阻害していないか、という点は気になるところです。

FSのグランドオープンからまだ日が浅く、話題性が高い状態が続いていることから、混乱しているように見えているだけかもしれません。もう少し時間がたてば、具体的には数か月も過ぎれば、現在の状況も落ち着き、もしくは当然のこととして受け入れられ、それほどの問題ではなくなるかもしれません。

TDSはFS以外にも面白いエリアがあって、そちらでも楽しめるはずですので、FS内のSPに関して、2回目以降は取りにくくなるような方策は必要かもしれないな、とは考えています。具体的には、いまのスマホは位置情報の確認は簡単でしょうから、FS内にいるうちはキャンセル拾いの操作をできないようにする、みたいな仕様にすることはできるのではないか、ってのは妄想しています。

以上、いろいろと雑に述べてみました。

« テーマパークの西の雄、ユニバーサルスタジオジャパンに初めて行って気になったこと | トップページ

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。